本気で志望校に合格できる評判の家庭教師比較サイト

top > 家庭教師情報 > 掛け持ちをしている家庭教師はどうか

掛け持ちをしている家庭教師はどうか

人気のある人の場合、多くの人が利用したいと考えます。
そのため、多くの人が予約をしたり、順番待ちをすることがあります。
それくらい人気があると、自分のためだけには動いてくれません。
待たないといつ対応してくれるかわからないこともあります。
プロを派遣してくれる家庭教師の場合、基本的にはかけもちです。
一人の生徒に一人の先生が付ききりだと、よほど付き切りならないと儲けになりません。
一方、学生の場合は、必ずしも掛け持ちとは限りません。
通常は一人を教えるのに精いっぱいでしょう。
ただ、学校の授業よりもアルバイトの方が大事と掛け持ちする学生もいます。
プロと違って、学生の場合はかけもちをしてもそれぞれに気を配った対応ができない場合があります。
時間の希望などを聞いてくれないときはかけもちをしている可能性があるでしょう。



家庭教師の一般的なマナーをチェックする

社会人のマナーとして、遅刻をしないがあるのはよく知られています。
特に日本は時間にシビアです。
時間を軽く考えると、社会で信用されなくなります。
最近では携帯電話のマナーの問題があります。
使ってはいけないところで平気で使う人は、マナーをよく知っていません。
家庭教師を利用するとき、多くは学生のアルバイトや学生の派遣です。
学生はまだ社会人ではありません。
でも、アルバイトは働いてお金を得るので、学生だから許される気持ちで行うのは間違いです。
仕事をするなら、社会人としてのマナーをある程度は守る必要があります。
良く遅刻をしたりするなら、交代してもらう方が良いでしょう。
利用者の都合を考えていないことがわかります。
携帯電話の電源を入れていれば少なからずかかってきたりメールなどが入ります。
授業中は電源を切ってくれるぐらいの人でなければ交代を依頼しましょう。



家庭教師はそれなりに身だしなみが必要

社会人になれば、男性ならスーツが仕事をするときの服です。
女性は制服があることもあれば、スーツであったり、仕事に合った服を着ることになります。
カジュアルデーなどがあるときも、あまりプライベートを意識した服を着て仕事をすることはないでしょう。
家庭教師も、プロの場合はスーツを着てきます。
では学生はどうかですが、中にはスーツをきちんと着てくる人もいるようです。
でも大抵は、一般的な服装です。
この時、学生として最低限の身だしなみを整えているかはチェックしておきましょう。
学生は服装や髪型、その他自由なことが多いです。
でもあまり自由すぎるとそれを子供が見てどう考えるかです。
親から見てもイメージはよくないかもしれません。
あまりにも奇抜すぎたり、不潔な服装で来る場合には、交代してもらうようにお願いしてみましょう。

次の記事へ