本気で志望校に合格できる評判の家庭教師比較サイト

top > 家庭教師情報 > 小学生の家庭教師は遊びの要素も知っている人

小学生の家庭教師は遊びの要素も知っている人

小学生は、通常は中学受験の必要がありません。
学校の成績なども点数で表示されないでしょう。
5段階評価などです。
一応テストはありますが、それらの点数が将来的に残るわけではありません。
どちらかといえばのびのび勉強できる時代と言えます。
中学受験を目指す場合は別ですが、勉強の遅れなどを取り戻すために家庭教師を利用する時には、あることに注意をして選ぶようにします。
それは、遊びの要素も知っている人かどうかです。
あくまでも勉強なので勉強を中心に見てくれる人ですが、遊びなども知っている方がコミュニケーションは取りやすいです。
少し疲れた時にゲームをしてくれたりする人がいいでしょう。
と言ってもコンピュータのゲームなどではなく、クイズなど少し頭を使うゲームです。
ゲームをしているようで、実は頭を使う練習になっています。
先生の中には、上手く組み合わせてくれる人がいます。



家庭教師と1対1で行う受験勉強の持つ長所、短所

家庭教師や個別塾の講師には大学生のアルバイトが多いので、受験生が1対1の個別型で勉強していれば分からない部分を単刀直入に質問し、教えてもらえるメリットがあります。
しかしながら、家庭教師や個別塾の講師は難関校の出題傾向に大量の情報やデータ、あるいは、受験のテクニックを持っている集団塾や予備校のプロ講師と比べると劣勢でしょう。
従って、どの受験勉強スタイルが受験生に合っているかは受験生の個性や性格、及び、受験勉強の進捗度の違いで判断することになります。
もちろん、その後の勉強の進捗具合で受験勉強スタイルを途中で変えることも選択肢にしておくことも必要です。
但し、受験生としては1対1の家庭教師型で勉強すると分からない箇所を直ぐに教えてもらえるメリットがあるものの、周囲に競争相手がおらず、競争心が湧きません。
その結果、受験当日に多数の受験生が集まる入試会場の雰囲気にのまれてしまう心配がハンデとして残ります。



中学受験に向けた家庭教師の選び方

受験のために自分で勉強しないといけないと感じるのは、高校受験ぐらいからでしょう。
大学受験も自分の意思で勉強をします。
小学校の受験となると、ほとんど自分の意思では行いません。
では中学受験はどうかです。
周りには受験しない人もいます。
中学受験のために家庭教師を選ぶ場合には、いかに子供に中学受験の必要性、難しさなどを教えてくれるかで選びます。
場合によっては子供が積極的に勉強しないこともあります。
その時には、難しい問題やたくさんの宿題などを与えて無理やりでも勉強をさせてくれる人がいいでしょう。
本来は自分から勉強してくれるようにした方が効率的です。
でもうまくしてくれないこともあります。
それでも私立中学には合格してほしいです。
すると、多少スパルタ的なことも必要になります。
ある程度厳しい先生に教わることで、勉強の大切さや努力の必要さなどがわかります。

次の記事へ