本気で志望校に合格できる評判の家庭教師比較サイト

top > 家庭教師情報 > 家庭教師は第一志望合格率が高いところ

家庭教師は第一志望合格率が高いところ

大学進学を目指すとき、もっとも行きたい大学を決めます。
人によって学校は異なるはずです。
日本で最も難しいと言われるところを選ぶ人もいれば、それ以外の学校を選ぶ人もいます。
自分の実力を把握し、それに見合う学校を第一志望にする人もいます。
ある家庭教師の派遣をしてくれる会社のサービスの場合、第一志望の合格率が95パーセントになっていました。
100人がこちらを利用すると、95人が希望通り進学できたことになります。
単純にこの数字を信用すると、かなりいいサービスが受けられそうです。
利用者とすれば、単純に第一志望の合格率の所だけを見るだけでなく、合格させるための仕組みをどうしているかに注目をして利用すると良いでしょう。
何らかのノウハウがあるからこれだけ合格率が高くなっているなどが分かれば、利用する価値があると言えます。



家庭教師の利用で来てもらう頻度

一般的な学校に通うとき、平日に毎日通うことになります。
私立だと土曜日に行くこともあります。
では塾や予備校はどうかです。
高卒生の予備校は毎日通うところもありますが、在学生が通う予備校などは毎日授業があるわけではありません。
週に2回や3回等になります。
家庭教師を利用するとき、どれくらいの頻度で来てもらえるかです。
こちらは、派遣をしてもらうときに選ぶことができます。
基本は週2回ぐらいになりますが、増やすこともできれば、週1回にすることもできます。
平日以外に土日などに来てもらうこともできるでしょう。
ただ、毎日のように来てもらうと効果が上がるわけではないことを知っておきましょう。
いかに自分で勉強できるかがポイントになります。
先生が来ないときに自分で勉強する時間を持てば、より学力はアップします。
それを助けてくれる先生を選ぶ必要があります。



定期テスト対策に対応した家庭教師

中学からは定期テストがあります。
1学期と2学期は中間と期末の試験があり、3学期は期末試験があります。
高校になると、それが進級にも影響することがあります。
また、内申点に影響するので、成績アップとなれば志望校選択の幅を広げることができます。
もし、定期テストであまり点数を伸ばすことができないなら、定期テストに対応した家庭教師を利用すると良いでしょう。
一般のサービスに定期テスト用のサービスを追加できる場合があります。
その他、定期テスト前だけ来てもらえるサービスもあります。
定期テストは、出題範囲がかなり狭くなります。
ですから、勉強のやり方を効率的に行うことで対応できる場合があります。
又、出題されやすいポイントなどを知っている場合には、その部分を重点的に教えてもらえます。
勉強に無駄がなくなるので、短期間でも効果が出やすいです。

次の記事へ